就職について思うこと

就職について思うこと

僕は村上豊彦。大学3年でサッカーサークルに所属している、まぁ普通の男子学生だ。

いつまでも若く自由でいられるのもあと少し・・・20歳を越えれば解禁されることも多く楽しめることも増えたのはいいが20代になったということは学生生活も後半戦に入り「そろそろ就活かー」と思い始める日々。景気は少しづつ上向きになってきているとはいえまだまだ就職は難しくなかなか大変そうだ。正直何がしたいとかどんな仕事に就きたいとかはあまりない。

普通以上の企業で安定した収入が得られればいいと言うのが本音である。一般企業に就職となると「男は営業!」みたいなイメージも強く、実際先輩たちもそういう感じが多い。確かに営業職の魅力は売上を上げれば上げるほど歩合としてもらえて収入アップが見込めるところだと思う。でも売上を上げれなければ肩身の狭い思いをすることになると考えると僕には難しい気がする。

がんばったらがんばっただけというよりも、毎月安定した収入が得られてそれなりの仕事を長く続けられればいいかなと思う。

サッカーサークルでの出来事

現在大学3年生の僕はサッカーサークルに入っている。

実は子供の頃からサッカーが大好きなサッカー少年で小学生の頃からやっているのです。だがなぜかサッカーではなく野球と思われがちである。なぜだろう野球顔なのか?それとも村上豊彦という名前が野球っぽいのか?いや名前で言うなら柔道や格闘技っぽいような気がする・・・と自分では思ったりする。とまぁそんな話はさておき、そんなこんなでもう15年近くサッカーをやっている。

現在のポディションは鉄壁の守りであるディフェンダー。いや鉄壁は言い過ぎたけど中学生くらいからずっとこのポディションである。サッカーはもちろん大好きだが体を動かすことが大好きで、1試合で相当走らなければいけないサッカーのおかげでかなり体力には自信がある。だけど就職してまったくやらなくなってしまったら体力は落ちていくのかが心配。体力維持のためにも地元のサッカーチームかフットサルチームにでも入ってみようかな。

いわゆるキラキラネームってやつ

僕の名前は村上豊彦。至って普通の名前であるといえる。まぁそれはいいのだが同級生にも一部シャレたというか当て字のようないわゆるキラキラネームというやつが男女限らずいたが、最近はもっと増えているようだ。サッカーサークルに新入生が入ってきたのだが、これが読めない。

最近の若いやつは・・・と言うほどの年でも僕はないが読み方に困ってしまうのは本当に困る。最も自身でつけているわけではないので何とも言えないのだが・・・でもその反面自分のように普通・・・いやむしろ古風な名前としてはちょっとかっこいい響きの名前がうらやましくもあるというのが本音。いやでも普通が一番か・・・嘘か誠かはわからないが就活の際に企業の人事側はキラキラネームは名前だけで不採用にするという話を聞いたことがある。

確かにアニメキャラのような名前を無理矢理漢字にしたような奴が例えば営業マンなんかになってその名前の名刺を取引先等に渡すとなると・・・と考えるとなんとなく納得できる気もしなくはない。やはり普通の名前が一番かもしれない。

ちょっと現実逃避してみる

来週ゼミで研究発表があるので発表資料を作らなければいけなく、現在制作真っただ中である・・・であるのだがやらなければいけないと思いつつ現実逃避がしたくなり日記なんかを書いている。

思えば子供のころから夏休みの宿題はギリギリまでため込んで追い込みでやっていた僕。どうやら根本的には20代の学生になった今でも変わらないらしい。ギリギリにならないとどうも脱線してしまうようだ。でも今までもギリギリの方が集中してできていたし、それなりにいい結果や評価を得てきている。僕、村上豊彦は追い込まれてこそ本領発揮できる男なのだ!・・・それは言い過ぎか。

しかし今はパソコンというものがあるので資料作りや論文を書いたりするのも手書きでなくていいから楽だし、調べものも簡単にできる。もし生まれてくる時代が15年ほど前だったら調べもの1つにしてもすごく大変だったんだろうなと思う。つくづく今の時代でよかったと思う。これがゆとりって言われるのかな。

ゆとりゆとりって言われるけど

今日はバイトの日だった。バイトはファミレスで週に4日ほど入っているのだが、最近・・・に始まったことではないけど大人たちから「ゆとり」「これだからゆとりは」と言われることが多々ある。もちろん僕だけでなく同年代の学生や少し下の世代の高校生の子たちも含めて。そういってくる大人たちは一部の店員やお客さんだ。そもそもゆとり教育っていうのは大人たちが作りだしてきたものではないのかと・・・もちろんそういってくる人達ではないのはわかっている。だけど猫も杓子も若い世代はゆとり。テレビやメディアでもよく聞くゆとり。そんな風に一括りにされるのってなんだかなって思う。

みんながみんなそうかと言ったらそうではない!と村上豊彦言いたい!僕はずっとサッカーをやっていたということもあってゲームの勝ち負けはもちろん、ポディション争いやレギュラー争いなどの競い合いをしてきた。僕だけでなくそういう人は同世代やもっと若い世代にも多いはず。なんでもくくりたがるのは日本人の風習みたいなものなのかな。