調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのかなかなか決められずに困りますよね。

ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。


夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまう可能性は否定できません。
 どんな人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが過去にも多いのです。
貴方自身のためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。


洋服の好みが変化してきたら、浮気の恐れがあります。浮気相手の趣味に合わせたものであったり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したら、非常に危険です。その中でも特に、趣味の良い下着をはくようになってきたら、浮気をしているかもしれません。



探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気調査の専門家だとしても、思わぬミスをすることがごく稀にあります。配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して様々な分析をすることも可能です。



移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。



そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査をすることがよくあります。
浮気をしている証拠をつかんだら、再度、調査の方法や人数などを決定します。

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。

女性の場合だと、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。



食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはご飯を一緒に食べた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目はしっかり月ごとに見るようにします。



出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。


そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

探偵に浮気の調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所によってそれぞれお値段は違ってくるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

探偵の特徴としては、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。
探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。

コメントは受け付けていません。.